カテゴリー
評判

+weed(プラスウィード)の評判?最強CBD60%の効果と感想

プラスウィードはCBD濃度が高いと評判です。実際に含有率60%のフルスペクトラムを試した人の使用感って気になりますよね。公式サイトを見てみると価格も結構高めで、実際に購入する価値があるのかどうかも気になります。そこで、こちらの記事では最高濃度を試した人の口コミや評判についてまとめました。

プラスウィードの評判ってぶっちゃけどうなの?

プラスウィード自体は数少ない日本国内のCBDブランドとして君臨していると言っても間違いないでしょう。現在CBDを使用している人も海外からの輸入品が安く市場に出回っている中でプラスウィードを選ぶ人が増えています。

ネット上ではVAPEマニアと呼ばれる人たちも出てきているようで、結局いろんなものを試した結果プラスウィードに落ち着く人も多く評判はそこそこいいようですよ。

>>+weedの公式サイトはこちら

プラスウィードの評判について口コミから検証

20代/男性
普段からVAPEを吸っています。CBDのリキッドは味が不味いという評判でした。自分もそう思っていたのでピーチシャンパンフレーバーにしてみたところ逆に美味しくて驚きました。CBD以外のピーチのフレーバーリキッドとほとんど味が変わらないのでとても吸いやすいです。CBDを使っているので吸った瞬間からじわっとリラックスした感覚が得られます。

30代/男性
自分は20代前半でタバコをやめています。CBDはニコチンやタールが全く含まれていないようだし、身体にも良さそうだと思って購入しました。実際に緊張してか眠れないことも多かったのでCBDはとても助かっています。夜しっかり眠れるせいかわかりませんが、昼間仕事中にイライラすることが少なくなったように思います。いつもイラついている彼女にもすすめてみようと思います。

20代/男性
初めて吸った日は1日中眠くて大変でした。慣れてくるとそれほど眠たくはならないのですが、今でもCBDを吸って30分もすると心地よくなってきてすぐに眠れてしまいます。翌朝はすっきりと目覚められるので気に入っていますが、ぶっちゃけ値段がもう少し安いといいと思います。

20代/男性
一番軽い濃度3%を試したら全く何も感じませんでした。もったいないので全部使いましたが次は濃い濃度に変えてみようと思います。

 

口コミから検証すると評判は上々です。人によっては濃度が薄いと何も感じないようなので購入を予定している人も中間の5mgくらいから始めた方がいいかもしれません。

プラスウィードのCBDは信頼のおける日本製なので初めての人でも多少多めにCBDを取ったとしても問題はなさそうですね。もちろんTHCと呼ばれる非合法の成分は入っていませんのでキマることはありません。

ただし、CBDを吸引したあとは車の運転や機械操作を控えるようにと公式サイトには書かれていますので注意がひつようです。

 

プラスウィードが国内最高のCBDブランドと言われるわけ

プラスウィードで取り扱うCBDは全て国内で生産されています。販売しているメーカーは株式会社GREEN RUSH BY WEEDです。

事業内容を確認するとこの会社はCBDの生産に特化した原料供給業者で、自身の会社でCBDを販売する以外にCBDを使った食品のOEM生産も行っているようです。

大麻を取り扱う会社に何か怪しい事が1つでもあっては当然業務を行うことはできませんので、そう言った面から考慮してもこの会社が扱うCBDは信頼性が高いものであると言えます。

プラスウィードはCBDの純度が99%とほとんど不純物の混入がありません。日本国内ではTHCと呼ばれるハイになる成分は3%以下におさえることが法律で決まっているのでそれを上回る純度です。

余談ですがCBDを吸った時に口が渇く・低血圧・鎮静など僅かながら副作用を訴える人もいます。そしてその副作用を起こす原因となっているのが不純物の混入だと言われています。

プラスウィードがCBDブランドと言われる所以はリキッドの純度の高さと製品の品質管理の徹底がされているという点もあげられます。

>>高純度CBDについての詳細

 

プラスウィードと輸入CBDの危険性

現在日本で手に入るCBDのほとんどが海外からの輸入品です。日本に輸入が許可されているのはTHCと呼ばれるハイになったり常習性を引き起こす成分が3%以下のものに限られます。

CBDは個人輸入などでも手に入れることはできますが、実際のところ国内に輸入されてくるCBD1つ1つをチェックすることができていない状況だと言われています。純度の低い、不純物が混入したりTHC濃度が高いものまで消費者の手元に入ってくる可能性があります。

知らずに個人輸入してしまって大麻取締法違反になってしまわないように注意してください。

>>低純度CBD危険性についてはこちら