カテゴリー
カートリッジ

+weed(プラスウィード)カートリッジのコストパフォーマンス

+weed(プラスウィード)カートリッジは使い捨てなので使いやすいと評判です。でもカートリッジの場合CBDのコスパについてはぶっちゃけどうなのでしょうか?+weed(プラスウィード)カートリッジを使う時の無駄なく使う方法や替え時などについて詳しく説明します。

 

+weed(プラスウィード)カートリッジの使いかた

最近話題のプラスウィードからCBDスターターキットが発売されています。使い捨てカートリッジタイプとリキッドタイプの2種類がそれぞれ発売されていますが、使い捨てカートリッジについては初心者向けとしても人気が高まっています。こちらではカートリッジタイプのスターターキットとその使い方についてまとめました。

プラスウィード・カートリッジスターターキットの中身

プラスウィードのカートリッジスターターキットは届いたらすぐにCBDを吸煙できるように全てのものが揃っています。CBDのフレーバーが選べるようになっていますので、スターターキットを購入する場合カートリッジの種類を選んで注文します。

カートリッジのCBD濃度は3%ピーチシャンパン・ハーブの2種類からどちらかのフレーバーが選べるようになっています。

ちなみに現在CBDスターターキットは公式サイトからの注文のみですが条件クリアで初回無料で購入することができます。

>>詳細についてはこちらから公式サイトを確認ください

 

プラスウィードのカートリッジには3種類の濃度と2種類のフレーバーがあります。

濃度は3%・5%・10%の3種類で、フレーバーはピーチシャンパンとハーブの2種類があります。

初めてスターターキットを無料で購入する場合は3%濃度しか選べませんが、2回目以降はCBD濃度の高いものを選ぶことができます。CBDは吸ってすぐに”ガッツリキマる”ということはなく、体感はじんわりと柔らかくやってきますのでいきなり高濃度にするよりは自分の体感を確認しながら濃度を上げていくことをおすすめします。

プラスウィードカートリッジの使い方

カートリッジの使い方はとても簡単です。

利便性を一番に重視していますのでCBDリキッドの充填は不要です。購入した交換用カートリッジをバッテリー部分に差し込んで使うだけ。使い終わったらそのまま捨てて新しいカートリッジに取り替えて使用します。

画像スターターキットの使い方

・電源は手前のスイッチを素早く5回押してオン・オフを切り替えます。

※CBDは粘度が高いので電源を入れてすぐに使わずスイッチを2回連続で押して加熱します。加熱時間は15秒でその間は青と白のランプが交互に点滅しています。

・予熱が完了したら、スイッチボタンを長押ししながら吸引します。煙の量を自分に合ったものに調節することができます。スイッチを3回連続で押すとランプが白・青・赤の3種類に変わります。煙の量は赤ランプの時が一番多く排出されます。

・吸い込んだCBDは肺で約10秒間溜めた後、鼻から少しずつゆっくりと吐き出すようにします。こうすることによってCBDの体感がより一層増します。

 

+weed(プラスウィード)カートリッジの替え時は?

プラスウィードのカートリッジはCBD初心者、またはVAPE初心者にとってはとても使いやすく便利なものですが、カートリッジはいつ頃変えるのがベストなのでしょうか?

カートリッジは1箱に3つ入りです。毎月お届けコースは1ヶ月に1回ですので1本で10日間使用できる計算です。人にもよりますが、一般的には1日5~6回の吸引で10日間もつようです。

ちなみに公式サイトを確認すると1日の使用量については”摂取量や時間など制限や決まりごとはありません”となっていますので、使用量については自分の体調に合わせて調節するようにしましょう。

ちなみにコスパについてですが、たくさん使用する人はカートリッジよりリキッドの方が断然もちがいいですね。

今なら公式サイトからスターターキットを購入するとVAPE本体がついたCBDカートリッジが無料で手に入ります。お試し購入を考えている方はこちらから詳細を見ることができます。

>>スターターキットを無料で購入する